menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 移転のお知らせ
  2. 保険診療
  3. 交通事故後の診療
  4. 整骨院ってどんなところ?
  5. あなたが治るまでの道のり
  6. 骨盤矯正 ~産後から腰痛改善、ダイエットまで~
  7. 猫背矯正
  8. リラクゼーション
  9. 肩こり整体
閉じる

ビオラ整骨院

修正版 診療時間1

整骨院ってどんなところ?

近年整骨院って増えてきていますよね?

そもそも整骨院ってどんなところなのでしょうか?

 

整骨院とは、一言で表すと、 「身体の悪いところを治すところ」です。

本来整骨院というところは『柔道整復師』という国家資格を持った人が、「骨折、脱臼、打撲、ねんざ、挫傷」の施術を健康保険を用いて行うところです㊟。整骨院

『柔道整復師』は専門学校に三年間通って、国家試験を受験して取得するものです。

その間こんなことを学びます。

 

・人の体の構造を学ぶ解剖学医学

・体の機能を学ぶ生理学

・病気の仕組みを学ぶ病理学

・実際どんな疾患があるのかを学ぶ臨床医学

・身体運動に関わる疾患を学ぶ整形外科学

・体の動きの仕組みを学ぶ運動学

・疾病の予防や健康保持などを学ぶ衛生学

・受傷の仕方から骨折や脱臼、ねんざなどの整復方法、治療法などを学ぶ柔道整復学

柔道実技 など

ただ学校では基本的なことしか教わらないのが現状です。学校により、「国家資格取得のための予備校」と割り切っているところもございます。

実際の施術方法においては、専門学校に通いながら、もしくは卒業してから勤めたところで研修して修得します。よって、研修先の技術の良し悪しが、柔道整復師の質を決める、と言っても過言ではございません。

特に近年では整骨院では、保険診療の中でも自賠責保険を用いての交通事故治療、勤務中のケガなどの労災などを積極的に行なっているところが多いようです。また保険診療のみならず、自由診療(保険を使わない治療)に特化した治療を行うところや、デイサービスや往診などの介護事業、リラクゼーションやカイロプラクティック、ダイエットなど様々な業態とのコラボレーションがなされています。施術においても院により多種多様です。

行く整骨院により治療に対する考え方や施術方法、料金体系が全く異なりますので、整骨院に通われる際は、まずホームページやお電話などでご確認の上、ご自身にあったものを選択することをお勧めいたします。

㊟ 整骨院において、骨折と脱臼は、医師の同意の下の施術になります。骨折や脱臼の可能性がある場合、応急処置を施して信頼のおける整形外科医に受診して頂きます。以後は当院にて施術いたします。

 

整骨院と接骨院の違いってナニ?

よく聞かれることです。どちらも資格自体は同じ柔道整復師が開設しているので、ほとんど同じだと思って間違いございません。

ただ、整骨院は「骨を整える」接骨院は「骨を接ぐ(つぐ)」という言葉のニュアンスの違いと各先生のこだわりはあるかもしれません。より「ほねつぎ」を意識した先生は接骨院とつけることが多いようです。むしろどちらかというと骨盤矯正や整体(後述)を手技として取り入れている先生は、整骨院とつけている方が多いですね。

 

整骨院と整形外科、どういうときにどこに行けばいいの?

整骨院と整形外科、同じ「整」の字が付くので、よく間違える方がいらっしゃります。ただ一番の違いは、

「お医者さんがいるのか、柔道整復師なのか?」

なのです。

医師には医師法にて、柔道整復師には柔道整復師法にて業務範囲が決められています。その中で医師のみに認められているもので代表的なものを以下に記載します。

isya

 ・投薬

 ・レントゲン写真,CT、MRIなどの画像診断

 ・注射

 ・手術

 ・各種検査

これらが必要と考えた場合は、紹介状を書いて私たちが信頼のおけるお医者様に委ねます。

これだけみると、「最初から整形外科に行 ったほうがいいのでは?」と考えがちです。

整形外科では診察するのは医師ですが、実際の治療は、注射や薬などの対症療法がほとんどです。

「痛みがなかなかとれないから、同じ痛み止めを1年間も服用している」という患者様もおられます。

なかなか完全に治らない、という悩みをお持ちの方が多いですね。

また、整形外科にはリハビリ室がありますが、治療に当たるのは理学療法士や勤務している柔道整復師の場合が多いのです。

これらの場合はまだ良い方ですが、「電気だけかけておしまい」というところもあり、その場合は免許はもちろん医学的な勉強もしていない助手の方が行っている場合が大半です。

そうすると日々の症状の変化に注目することなく、いわばベルトコンベア式で治療を進められてしまっているのです。

それに対して整骨院では最初から最後まで同じ院にいる先生が診てくれます。

医学的知識がある先生が毎回つきっきりで診てくれるので、経過の良し悪しに対しても即対応できます。

また先生自身の手によって患者様おひとりおひとりに適した施術を行なうので、先生の心が患者様に伝わりやすいのです。

こういう理由で、整骨院をご利用されている方が多いのです。

また通常整形外科に通われるような椎間板ヘルニアや五十肩、寝違え、ギックリ腰、野球肩・肘などのスポーツ障害、腱鞘炎、膝の痛み、成長痛と呼ばれるもの、外反母趾などは、実は整骨院の先生に得意な人が多いのです。

骨折の疑いや悪性腫瘍など、画像診断や血液検査などが必要な場合は整形外科にて診断を仰いだ方がいいと思いますが、「重いものを持った際に腰を痛めた」とか「寝違えた」という原因があるとき、または「何だか分からないが、痛い」といったものには整骨院へ、というのが賢い利用方法だと考えます。

※整骨院において、何か原因があるものに関しては保険診療の適応になります。慢性的な症状に関しては、保険適応外にて自費診療になります。

整骨院と整体院、似てるけど何なの?

一番よく間違えられるのは、このパターン。

しかし実際はちょっと違います。一番の違いは

「国家資格を有しているのか、否か」

なのです。

整骨院の先生は前出の柔道整復師を持っていますが、整体やそれに付随するカイロプラクティックなどの療法は民間の資格になります。

これは学校独自で作った資格がほとんどで、技術や知識の説得力が欠けるものです。

これに比べ、柔道整復師は厚生労働省で決められた三年間の専門学校課程を経て、国家試験をパスした人だけに与えられる資格です。

医学的な見地からも総合して判断することができます。

また柔道整復師は、骨折や脱臼、捻挫などのケガを診れるという意味でも整体師と異なると思います。

今ある痛みは、実はケガによるものかどうか、見分けるのは素人では難しいですよね?これを合法的に施術することができるのです。

ただし、子供の中でも俗に言う「肩もみ」をちょこっと教えただけで出来てしまう子がいたように、
整体師でもうまい人もいます。

また私の知人の中にも本当に一生懸命勉強している整体師もいらっしゃいます。
なので一概にそう判断するのは難しいところです。

一般的な話をすると、整体師が得意とするとされているのは、腰や首などの脊椎への施術です。が、この部位は危険を伴うものも多いので、「どなたかのご紹介」などで信頼のおける場合なら行ってみるのもいいかもしれません。

ただしリスクを伴うということは、承知しておいて下さい。

整体やカイロプラクティックにおける事故は、最悪自己責任ということになり、何も補償がないこともございます。

「少し癒されたい」という場合は、利用するのもいいでしょう。

しかしそこそこ痛みがある場合など心配な場合は、整体院に行くのは避けられた方がいいでしょう。

tiryoukahe

ページ上部へ戻る
Back to Top