menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 移転のお知らせ
  2. 保険診療
  3. 交通事故後の診療
  4. 整骨院ってどんなところ?
  5. あなたが治るまでの道のり
  6. 骨盤矯正 ~産後から腰痛改善、ダイエットまで~
  7. 猫背矯正
  8. リラクゼーション
  9. 肩こり整体
閉じる

ビオラ整骨院

修正版 診療時間1

交通事故後の診療について

【交通事故後の後遺症に悩んでいませんか?】

交通事故による負傷はよく後遺症となり、何年も残る方がいますがその原因は『自律神経の乱れ』にあります。

むちうちからの頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、しびれ、首・肩・腰のコリ・張りなどこれらの症状は不定愁訴と呼ばれ、『自律神経の乱れ』によって引き起こされます。

自律神経は身体の機能を調節する為、その働きに乱れが生じると先に挙げたような不定愁訴やケガの治りが悪い、気持ちが落ち着かないといった反応が表れます。

自律神経は主に環境や習慣による影響を受けますが、交通事故のような強い衝撃を身体に受けることでも影響が表れます。

 

整形外科や巷の接骨院、整骨院では自律神経の働きまで注視して治療をするところが少ないのが現状です。

新たに交通事故に遭ってしまった方だけでなく、現在、交通事故後の治療をされている方で治りの悪い方は下記にある自律神経の働きについてご覧ください。

 

 

【自律神経の働きとは?】

自律神経とは端的に申し上げますと『身体の調節機能』です。

手を挙げたり、走ったりといった自分の意思で行う身体の動きを『随意運動』と呼び、体温調節や発汗、消化や呼吸といった自分の意思でコントロールせずに行う身体の動きを『不随意運動』と呼びます。

自律神経はこの『不随意運動』の調節を担っています。

自律神経には、活動的な時に働く『交感神経』とリラックスした時に働く『副交感神経』の2つがあります。

それぞれの働きは下記の通りです。

 

交感神経:血圧を上げる,心拍数を増やす,胃腸の働きを抑える,痛み感覚を増強させるなど

副交感神経:血圧を下げる,心拍数を減らす,胃腸の働きを高める,痛み感覚を減弱させるなど

 

自律神経の働きによって上記の身体の機能だけでなく、免疫や治癒能力なども調節しています。

当然ですが、自律神経のバランスが乱れることは免疫や治癒能力の低下を招きます。

交通事故のように強い衝撃を身体に受けると交感神経が興奮状態になります。

これにより痛み感覚が増強される為、少しの刺激でも敏感になります。

またこれだけでなく交感神経が常に興奮状態となることで副交感神経とのバランスが乱れ治癒能力の低下を招き、後遺症が残りやすくなるのです。

これらの打開策として早期治療の段階で自律神経のバランスを整えると良いでしょう。

 

【宮前まちの整骨院での交通事故治療の流れと特徴】

STEP1.お電話にてお問い合わせください

事故に遭ってしまったら、まずはお電話にてご相談ください。

 

 

STEP2.事故の確認及びアドバイスをいたします

以下の事を確認、及びアドバイスをさせていただきます。

1.相手の住所・氏名・連絡先、自賠責保険の加入先

2.警察への事故届け

3.病院での診断

 

 

STEP3.保険会社へ当院で治療をする旨を連絡していただきます

保険会社へ当院で治療する旨を連絡し、承諾を得ます。

また保険会社への経過報告等の連絡は文書、電話連絡等で当院が行います。

 

 

STEP4.カウンセリング

事故当時の状況、その後の経過、病院での診断内容、現在の症状などを詳しく確認します。

交通事故後の身体の状態を精査する為に自律神経機能検査を行い、患者様の自律神経機能についてのご説明だけでなく、最適な治療プランのご案内をいたします。

 

 

STEP5.治療スタート

症状に合わせて、手技(マッサージなど)や物理療法(電気や超音波を用いた治療)、超短波療法(自律神経の調整を行う治療)を選択し行います。

治療の経過に併せて日常生活動作における注意事項、自宅でできる運動療法などの指導も行います。

 

 

STEP6.治療終了の際は…

自覚症状の消失、運動器の機能改善、後遺症の心配がないかを確認し、治療を終了します。

その後、保険会社へ連絡し保険会社より明細入りの示談内容書が届きます。

細部まで目を通し、納得してからサインして下さい。

 

宮前まちの整骨院では来院された患者様が早期回復できるよう一般的な運動器の状態だけでなく、自律神経の働きも加味して治療プランをご提示いたします。

初めて事故に遭った方や事故を起こしてしまった方など交通事故後の治療でお悩みの方は一度当院までお問い合わせください。

 

相談ボタン予約ボタンtel

tiryoukahe

ページ上部へ戻る
Back to Top