banner

東洋医学と西洋医学の違い

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年7月22日

皆さんこんにちは!

 

 

 

東急小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ目の前!

 

『ビオラ整骨院 向ヶ丘遊園』の永田信吾です! nagata

 

 

今日は東洋医学西洋医学の違いについてお話します。

 

 

日本の医学は古来から東洋医学を中心に発展してきました。

 

それが江戸時代から明治に変わる際に西洋医学が入り込み、

戦後ではほぼ西洋医学が中心の医療に変化してきました。

 

東洋医学と西洋医学では、その考え方や治療方法に大きな違いがあります。

 

一概にどちらが良い・悪いというのではなく、

体の状態や状況に応じて、東洋でも西洋でも適切な治療を受けることが大切です。

 

西洋医学は、攻撃型の医療です。

 

その為、

体力のない患者は病気は良くなっても

薬の副作用で体力がなくなり回復ができません。

 

また、手術などで病巣は切除できたけれども

身体全体のバランスが崩れて人間としての生活が難しくなるケースなどもあります。

 

西洋医学では、病原に勝っても病人の回復ができないケースがあるのです。

 

しかしながら伝染病のような病気には

前もってワクチンを投与しておく事や薬による攻撃は非常に有効です。

 

 

 

それに対し東洋医学では、

自然界に生活している人間が病気に罹患した時に病気だけを見るのではなく

病人を見ることに重点をおきます。

 

その東洋医学が、近年注目されてきています。

 

抗生物質(西洋医学界)が出現した事により、

細菌性の病気が激減し、内因性の疾患が増加しました。

 

 

西洋医学の発展によって増加した内因性疾患の治療方法では

完璧でないにしても西洋医学より東洋医学が効果的だと受け入れられた事が

東洋医学が注目されるようになっている要因です。

 

私達は西洋医学を中心としながらも東洋医学を活かしながら治療をすることによって患者さんに負担をかけず、安全で無理のない治療を心がけながら施術しています。

 

ご質問など随時受け付けておりますので、ぜひ気になる方はお問い合わせください。

 

お電話からは044-932-0017

 

net-yoyaku-banar

 

インターネットからのご予約はこちらをクリックしてください。

 

東洋医学が気になる方はぜひお問い合わせください。

足の裏の痛み

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年7月15日

皆さんこんにちは!

 

 

 

東急小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ目の前!

 

『ビオラ整骨院 向ヶ丘遊園』の永田信吾です! nagata

 

 

本日は気になるけれど、

どこに相談したらいいか悩んでしまうあの症状についてお話します。

 

 

皆さんは、足の裏が痛くなった事はありますか?

歩きすぎたり、長時間立っていたり、スポーツをしていて足の裏が痛くなった経験がある方は多々いると思います。

 

 

足の裏の痛みで有名な疾患「足底筋膜炎」という物があります。

 

足底筋膜炎の症状は一言で言ってしまえば「足の裏が痛くなる症状」です。

 

 

しかし自分と全く同じ足底筋膜炎の症状の方はあまりいなく、

一人一人痛みの起きる箇所や痛みが起きる動作が違う場合が多いのです。

 

 

代表的な症状は下記の通りです。

 

  1.  動きはじめの一歩目が痛い
  2. 歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる
  3. 足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
  4. ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる
  5. 足の裏がしびれてくる感じがする
  6. 常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる
  7. 足の裏を押すと痛い場所がある

 

このような症状がある方は足底筋膜炎の可能性が高いでしょう。

 

 

 

ただ、足の裏の痛みには怖い疾患も隠れていますので、ぜひ1度相談してください。

 

お電話からは044-932-0017

 

 

net-yoyaku-banar

 

インターネットからのご予約はこちらをクリックしてください。

 

 

これからの時期ですと

女性の方はサンダルなどでより痛みを感じることもありますので、

ぜひご相談ください。

 

簡単な姿勢の直し方

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年7月14日

皆さんこんにちは!

 

 

 

東急小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ目の前!

 

『ビオラ整骨院 向ヶ丘遊園』の永田信吾です! nagata

 

 

突然ですが質問です!

 

デスクワークをしていると

仕事に集中すればするほど猫背になっていることはありませんか?

 

ce1ab19b[1]

 

 

自分の姿勢を直接見ることはできないので、

自分では気付かないうちに背中が曲がり、見た目も悪くなっていることも。

 

座って仕事している人は、

背中にクッションなどを置くと背すじが真っ直ぐになります。

正しい姿勢を保ちながら仕事ができます。

 

また歩いている自分の姿がふと鏡に写ると、

猫背になっていて、そんな自分の姿がいやになることはありませんか?

 

 

そんな方におススメなのが『大きく息を吸う』ことです!

 

とにかく大きく息を吸う事で、正しい姿勢になります。

一度確認したあとに、この姿勢を意識しながら歩いてみて下さい。

 

『今、猫背になっているかな?』と思ったときは、

大きく息を吸うクセをつけると鏡を見なくても自然と正しい姿勢に戻すことができます。

 

 

はじめは正しい姿勢をキープすることは辛いかもしれません。

ですが少しずつ意識することで猫背を直すきっかけになるでしょう!

 

しかし最後は専門家に診てもらうのが一番の近道です。

 

 

お電話からは044-932-0017

 

net-yoyaku-banar

 

インターネットからのご予約はこちらをクリックしてください。

 

 

日々のクセづけが大切ですので、

日頃から姿勢が気になる方はぜひお試しください!

 

足のむくみはちょっと怖い

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年7月3日

 

皆さんこんにちは!

 

東急小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ目の前!

 

 

『ビオラ整骨院 向ヶ丘遊園』の永田信吾です!  nagata

 

 

 

 

今日は日常でも感じる『足のむくみ』には、

実は軽く考えてはいけない疾患が隠されている!

 

そんなお話をしようと思います!

 

 

誰もが足がむくむ、足がだるい、重いなどの症状がでたことがあるかと思います。

実は、この足のむくみには『静脈還流障害』が隠れています。

 

『静脈還流障害』とは、下肢の静脈の血流が滞ることによって引き起こされる疾患をいいます。

 

初期症状には足のむくみ・だるさ・重さ・疲れ・つっぱり感・痛みなどがみられます。

ですが、こうした症状のことをほとんどの人が一時的な疲れによるものと考えてしまいがちです。

 

しかし、この状態を長期間放置すると静脈瘤色素沈着皮膚潰瘍などといった症状があらわれることもあります。

 

 

足がむくむ、だるい、疲れるなどの足の悩みをかかえている人は、成人女性の50%以上にみられます。

これらの症状の原因の多くが足の静脈にあり、『静脈還流障害』の初期症状かもしれないことは、あまり知られていないようです。

 

このような症状が長く続いている方はぜひ相談してください。

 

お電話からは044-932-0017

 

 

net-yoyaku-banar

 

インターネットからのご予約はこちらをクリックしてください。

 

 

足のむくみをスッキリ整えて健康的な生活を手にしましょう!

背骨の彎曲

キャンペーン情報 ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月29日

皆さんこんにちは!

 

東急小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ目の前!

『ビオラ整骨院 向ヶ丘遊園』の永田信吾です!   nagata

 

 

今日は綺麗な姿勢を作る上で重要な背骨の湾曲についてお話しします!

 

脊椎は本来、まっすぐな円柱状の形態をとってはおらず、生理的な弯曲を持っています。

 

 

頚椎は前弯(脊椎は正確な円柱よりも前方にはみ出している、前方が弧で後方が弦のカーブ)

胸椎は後彎(脊椎は正確な円柱よりも後方にはみ出している、前方が弦で後方が弧のカーブ)

腰椎は再び前弯し、仙骨は後弯に相当するカーブを持ってます(仙骨だけは成人では骨性に結合してひとつの骨になっているため、可動性がない)。

 

 

姿勢が歪んだ状態である『猫背』はこのうち、

胸椎の後弯が生理的な範囲よりも大きく曲がったものであり、円背ともよばれるものです。

写真のように湾曲が歪んでしまっている方は特に要注意です!

ご質問など随時受け付けてますので、ぜひ気になる方はお問い合わせください。

お電話からは044-932-0017

 

net-yoyaku-banar

インターネットからのご予約はこちらをクリックしてください。

 

 

背骨の湾曲を整えて、『猫背』を改善しましょう!

 

理想の歩き方

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月22日

私たちの生活において歩くことは大変重要です。

ですが、日々の生活で、歩くことを意識する事のはないのではないでしょうか?

現在は、ほとんどが舗装された道路ばかりで、歩くことを意識する必要がなくなってしましました。 歩くことが少なくなった都市部では、筋力低下から足を痛める方が増えています。

 

特に膝の痛みや腰痛を訴える方が大変多いのです。 高齢の膝痛・腰痛の方は、健康のために歩きなさい!運動しなさい!と病院で言われます。でも、正しい歩き方は教えてくれません。

 

では、ただ、歩く量を増やせば、良いのでしょうか?健康な人は、それで良いかもしれませんが・・・。

 

理想的な歩き方の荷重移動としては、踵からの着地が条件となります。
すり足・内股・外股の方は、つま先が上がりにくく、つま先の方から着地されたり、足裏全体をペタッと着かれます。

 

足の構造上、外側に荷重が流れやすくなっていますので、小指側へ移動はできます。 内股・外股・O脚の方はこのまま、荷重移動が小指側から抜けています。

 

ですので、距離を歩くと小指が痛む方が多いようです。

 

脹脛(ふくらはぎ)の筋肉が外側ばかり張り出してしまい、歩くと脹脛(ふくらはぎ)の外側が痛む結果となります。

 

小指側から拇指球(親指の付け根)に移動し、最後に親指側に抜けるが理想です。 外反母趾の方も親指を使う歩き方ができていないため外反母趾が進むという事もあるようです。

 

足の親指を使って歩くことは、内腿や、臀部の筋肉を使いますので、それらインナーマッスルのシェイプアップになります。

 

その他、足のお悩みなどがある場合はご相談ください。

 

妊婦さんへの整体は安全か?

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月17日

皆さん、整体ってどんなことをされるイメージですか?

 

私のイメージではボッキとかバッキとか身体を捻ってずれた骨を力ずくで治してしまうイメージです。こんな事を妊婦さんにおこなってしまうとどうなってしまうのか一般の方でも容易に想像することが出来ると思います。

 

しかし妊婦の方は腰痛になりやすい傾向にあると言っても良いでしょう。そして妊婦でも整体(治療)してもらえる院を探している方が多くいらっしゃいます。

 

当院ではそんな悩みをもつ妊婦さんが数多く来院され治療されています。もちろん上記に書いたようなボッキとかバッキとかはやらずに、その患者さんの症状、状態に応じた手技、マッサージ、整体をおこなって安心安全に治療を受けていただいています。

 

またお子様を出産されてからも安心して受けられるように、こちらの受付で子育て経験豊富なスタッフがお子様をお預かりし施術に影響が出ないように配慮させていただいております。

肩こりに潜む怖い疾患

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月10日

今現在、肩こりを患っている方は沢山いると思いますが、肩こりには怖い病気が隠れています。

 

左肩が痛み続ける⇒「狭心症」

発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。 血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な血流・酸素が送り込めない時に胸の痛みが起こります。

 

右肩周辺が痛い⇒「肝臓疾患」

肝臓の働きが何らかの原因により阻害され、正常に働かなくなる病気です。 肝炎ウイルスへの感染、アルコールの過剰摂取、脂肪分の過剰摂取など、原因は様々あるようです。

 

肩の痛みや腕が上がらない⇒「自然気胸」

肺の一部が破れて空気がもれてしまう病気です。 10~20代の男性に多く、背が高く、やせた人に多く発症し、患者さんの約70%は喫煙者であることが特徴です。

 

肩こりの他に腕や手がしびれる⇒「胸郭出口症候群」

神経の通り道が狭くなり、血管や神経を圧迫するため起こる病気です。 デスクワークの方や、なで肩の女性に多いとされています。

 

肩こりが強い痛みに変わる⇒「脊髄腫瘍」、「肺上部にできる腫瘍」

脊髄損傷…脊髄内部の細胞や脊髄に隣り合った細胞から発生した腫瘍のことです。 肺上部にできる腫瘍…肺の上部(肺尖部)にできる肺がんのことです。
ちょっと痛いくらいでは気が付かない物も多いですが、少しでもおかしいと思うのであれば、整形外科や内科などを受診しましょう。

 

私達も上記の事を気をつけて施術させていただいております。

究極の選択?

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月6日

よく患者さんに質問されること第1位、「ウォーキングとランニングはどっちが良いの?」

 

難しい問題ですね。

 

数々の研究機関がこの問題に真摯に向き合い、実験、実践をおこないながらようやく手にした答えがあります。

 

それは・・・・

 

同じカロリー消費ならウォーキングのほうが健康にいいが、ランニングのほうが早く痩せられるというのだ。

 

体重を減らせば健康になるというわけではないし、メタボリック・ヘルス(代謝バランスの健康状態)には、皮下脂肪よりもむしろ高血圧や血中のトリアシルグリセロールが重要であることを考慮しなければならない。

 

したがってウォーキングをする人は、食事のバランスを取らないと、ランニングする人よりも体重が増える可能性があるのは事実だけれど、一般的な「健康」について(高血圧、高コレステロール、糖尿病のような生活習慣病予防に関して)は一歩先にいると言えるそうです。

 

しかし、「一歩」にすぎません。

 

科学的に評価すれば、結果は本質的には同じようなものだそうです。

 

なので、私が結論づけるなら、健康のためならウォーキング、ダイエットのためならランニングの方が効率が良いと言うことです。

 

あくまで効率が良いだけなので、どちらでも効果があるので、あまり運動をしない方はウォーキングから始めるのが良いでしょう。

 

腰痛の原因は内臓疾患にも関係する?

ビオラ整骨院 猫背 肩こり整体

2015年6月5日

胃腸と腰の関連性はあまり有名ではありませんが、胃腸が弱くなって腰痛になる場合もあります。

 

内臓疾患から腰痛になる場合があるのです。

 

まず内臓が疲労などにより弱ってしまうと内臓が固くなってしまいます。

 

本来内臓を助けて支えているまわりの筋肉、腹部の筋肉も衰えて硬くなり、筋肉がカバーしていた圧力が腰への負担となっていきます。

 

腰部の筋肉が圧迫により血流が悪くなり、腰痛を発症してしまうという事になるのです。

 

食べすぎやストレスなどが原因になる胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、自身の消化液によって胃や十二指腸が自己消化を起こして損傷する病気です。

 

症状としては胃痛や胸焼け、吐血などが挙げられます。

 

これが重症化してくると炎症が広がり、腰痛を引き起こすことがあります。

 

内臓の過労や疲労は、病院で検査して病気として実際に反応がある場合もありますし、

検査では異常がないという場合もあります。

 

病気でなくても内臓が疲れているなと感じることは皆さんも経験したことはあるのではないでしょうか?

 

食べすぎや飲みすぎの後に胃がもたれているのを感じたことなどありますよね。

分かりやすく言うとそんなイメージです。

 

ではその内臓に疲れがたまらないようにするためにはどうしたらいいか。

 

・暴飲暴食をしない

・冷えた食べ物や飲み物をとりすぎない

・ストレスをため込まない

・睡眠をよくとる

 

この4つのポイントが大切になってきます。

 

特にアルコールや脂質、糖質の摂り過ぎには注意が必要です。

 

Copyright(c) 2012- ビオラ整骨院 All Rights Reserved.